黒酢&もろみ酢の上手な摂取方法

黒酢&もろみ酢の摂取の仕方

黒酢&もろみ酢の摂取の仕方には大きく分けて二つのタイプがあります。一つは液体のまま飲むタイプで、もう1つはハードカプセルやソフトカプセルなどに包まれたカプセルタイプのものです。
黒酢&もろみ酢をドリンクタイプのまま服用する際には、水で希釈して温めてから飲むのがオススメです。黒酢&もろみ酢は陰性が強いために、身体を冷やす働きがあり、もともと冷え性の方が飲んでしまうと身体を冷やしてしまうリスクがあります。温めて飲むことで陰性を消すことができるだけでなく、黒酢&もろみ酢に含まれているクエン酸は温まっていた方が、その働きを発揮しやすいので温めておくことが大切です。
また、寝る前に黒酢&もろみ酢を飲むと、酸しょく歯という症状で歯の表面のエナメル質が解けてしまう場合があります。
飲むタイプはさまざまなリスクがあることを考慮する必要があるのです。

飲む黒酢&もろみ酢ではなくサプリメントがオススメ

毎日黒酢&もろみ酢を飲むことによって健康維持ができると週刊誌などで話題になっていますが、摂取量と飲み方には十分に注意する必要があります。それらをしっかりと守らないと健康被害を受けてしまう可能性が高まってしまうからです。
一般的には黒酢&もろみ酢を飲む場合には15ml〜30mlの黒酢&もろみ酢を服用すると良いとされています。水などに希釈して飲むのが望ましいです。しかし、摂取量をオーバーしてしまったり、水でしっかりと希釈せずに飲んでしまった場合には、過度な黒酢&もろみ酢の摂取で胃が荒れてしまったり、腹痛や下痢などの症状を引き起こしてしまう可能性が高まります。
そのため、液体タイプの黒酢&もろみ酢ではなく、カプセルタイプになっている黒酢&もろみ酢を飲むのがオススメです。

働きを実感するためには継続が大切

黒酢&もろみ酢は飲むタイプにしろ、サプリメントタイプにしろ、継続して摂取を続けることが大切です。1回限りではその働きを期待することはできません。黒酢&もろみ酢を継続的に摂取し続けることで徐々に減量していることが実感できたり、スムーズな新陳代謝を感じることができるでしょう。さらに、さまざまな健康維持に関する働きについても、黒酢&もろみ酢を継続し続けることで得ることができます。最低でも4ヶ月は継続しましょう。
しかし、毎日飲むタイプのお酢を服用し続けるのは大変です。匂いや胃に入ったあとの違和感などを感じるためにそれが逆にストレスになってしまうこともあるでしょう。
継続利用を前提にしている意味でも、黒酢&もろみ酢を服用する際には、飲みやすいカプセルタイプがオススメです。

TOPへ戻る