黒酢・もろみ酢ダイエット中の食事について

3食きちんと正しい量を食べる

黒酢・もろみ酢ダイエットは、食事の量や回数を減らす方法とは異なり、日頃不足しがちな栄養をプラスすることで代謝を助けたり、筋肉の働きを助けたりすることが大切なポイントなので3食きちんと正しい量の食事を取ることが基本です。
現代は「飽食の時代」と言われているのに、なぜか栄養失調に陥る人が増えているという矛盾した現象が起きています。忙しさを理由に外食やコンビニ食が多くなったり、ダイエットを意識するあまり、食べる量を減らすという極端なダイエットをする女性も少なくはありません。
朝昼晩の3食を3:4:3の割合で分量を考えながら、バランスの良い食事で栄養をきちんと摂り、さらに黒酢やもろみ酢の成分を取り入れて体の中の燃焼サイクルをどんどん活発化していきましょう。それがダイエットへの近道です!

現代人に不足しがちなたんぱく質を黒酢・もろみ酢で補おう

現代の栄養失調の原因のひとつに「たんぱく質不足」があります。たんぱく質には、お肉や卵などの動物性たんぱく質と穀類や豆、野菜など得られる植物性たんぱく質がありますが、ダイエットや嗜好によって、食べるものが偏ったり減ったりすると、体が動くために必要なたんぱく質が減少し思うように体のサイクルを活発化させることが出来なくなります。
また、「コレステロール=太る原因」と思いがちですが、実は筋力を保つためにも欠かせない、大切な栄養素の1つなのです。黒酢やもろみ酢に含まれているアミノ酸はたんぱく質が作られるのを助ける働きも持っており補給することで体内パワーを付けていきます。

「食欲がない」「忙しくて昼食を抜いてしまった」そんな時にもわずかな量をサッと飲むだけで、ダイエットの邪魔をせずに栄養を補うことができる、食事制限をメインとしてダイエッターにはとても助けになるサプリメントです。

食事中や食事の後に飲む

黒酢・もろみ酢ダイエットの嬉しいところは、なんと言っても食事を減らさずに続けられることです。食事の内容は人それぞれ。脂質の多いものを好む人もいるでしょうし、量を食べないと満足できないという人もいます。
そんな現代人の食事事情は酸性体質を招きやすいと言われています。酸性体質が悪化するとドロドロ血液になりやす、疲れがたまったり、健康を脅かしたりする可能性が出てきてしまいます。そんな酸性に偏った体内をお酢の持つアルカリ性が中和し、理想的な「弱アルカリ性」の体質へと近づくよう働きかけます。
食事中や食後に飲む習慣を持てば毎日の栄養のバランス調整をサポートしてくれるので、美味しく食事を楽しむこと間違いなしでしょう!

TOPへ戻る